ハーブティ・クランベリーの成分と効果・口コミ

ハーブティ・クランベリーの成分と効果・口コミ

ハーブティ・クランベリーの成分

ビタミンC 抗酸化作用、美肌効
ケルセチン 抗酸化作用、抗炎症作用、抗動脈硬化作用、脳血管疾患の予防、抗腫瘍効果、降圧作用、血管弛緩作用
キナ酸 尿のpHを弱酸性に保つ
プロアントシアニジン 抗炎症作用、抗酸化作用、利尿作用、動脈硬化予防、抗菌作用
ウルソール酸 抗酸化作用、抗炎症作用、美白作用、減量時の筋肉分解を抑える作用

生クランベリーの栄養

炭水化物
糖類
食物繊維
脂肪
タンパク質
ビタミン
β-カロテン
ルテインと
ゼアキサンチン
チアミン
リボフラビン
ナイアシン
パントテン酸
ビタミンB6
葉酸
ビタミンC
ビタミンE
ビタミンK
ミネラル
ナトリウム
カリウム
カルシウム
マグネシウム
リン
鉄分
亜鉛
マンガン

ハーブティ・クランベリーの効能・効果

クランベリーにはビタミンCが豊富に含まれています。最近肌が疲れている、肌荒れが気になる方はクランベリーが頼りになります。

活性酵素は肌トラブルを起こします。肌トラブルの原因となる活性酵素をビタミンCが取り除いてくれるのです。

ビタミンCが抗酸化作用が体内の活性酵素を抑制してくれるからです。この働きのおかげで、クランベリーには美肌効果が期待できます。

クランベリーには食物繊維が含まれているため、腸内環境を整えてくれる効果があると思われます。

便秘になってしまうと、ストレスも溜まり、身体全体が不調に陥ってしまいます。頭痛や肩こり、腰痛といった不調も便秘が原因の可能性があります。

腸内環境を整えることで全身の機能も上げていくことが出来ます。クランベリーの食物繊維で便秘解消ができるかもしれません。

年齢の高い人ほどピロリ菌に感染している方も多いようです。

クランベリーは、ピロリ菌が胃の中に住みついて潰瘍を引き起こすのを減少させる可能性があると言われています。

心配のある方はクランベリーを食生活に取り入れてみてはどうでしょう。

クランベリーの持つ抗酸化特性が、歯垢を減らす可能性を持つと言われています。細菌のかたまりで、放っておくと虫歯や歯周病を引き起こす原因にもなります。食後のデザートにクランベリーを食べることは、歯の健康に役立つ事だとおもいます。

クランベリーにはプロアントシアニジンというポリフェノールも含まれています。このプロアントシアニジンはクランベリーでの成分の働きが強力と言われています。

クランベリーに含まれるプロアントシアニジンを運動前に摂取することで、活性酸素の発生を抑えられるという研究報告が出ています。

動脈硬化やがんなどの生活習慣病や、肌のシミやシワなどの老化現象の原因としてクローズアップされることも多い活性酸素。

運動前にクランベリーを摂取することで、活性酸素の悪いはたらきを抑えることができそうです。

ビタミンC同様、抗酸化作用を持ち、さらに抗炎症作用も持っているため細菌に対しても効果が見込めます。

プロアントシアニジンには、以下のような効果効能が期待できるとされています。

腎臓機能の維持によるむくみ解消

歯周病予防

コレステロール値の改善

美肌効果

身体の隅々まで効果が期待できる成分だと分かりますね。どれか身体の不調で該当する箇所があれば、クランベリーを摂取するといいでしょう。

このプロアントシアニジンの効能が、クランベリーは健康に良いと言われる最大の理由と言えます。

クランベリーに含まれるプロアントシアニジンには運動時の筋力の低下を抑えたり、筋力の回復を早める効果を持つことが明らかにされました。クランベリーパウダーをプロテインに混ぜて摂取するのも良さそうですね。

クランベリーは膀胱炎に効くという話を聞いたことがありますが有効性が認められていません。膀胱炎は尿路感染症にかかることで発症します。

クランベリーに含まれるポリフェノールはプロアントシアジニンAという成分です。

リンゴ、ブルーベリーに含まれるポリフェノール・プロアントシアジニンBとは異なり、抗細菌付着効果が高いと言われています。

細菌を粘膜に付着させない作用があることから、クランベリーは細菌性の膀胱炎、腎盂腎炎の予防・治療に効果が期待されています。

クランベリーが尿路感染症の予防に良い。クランベリージュースを飲むことと、他の治療を比較して行いましたが大差はなく優位性はないという結論です。

クランベリーを摂取したからと言って、膀胱炎の予防に効果が無いとは言えないが従来の治療でいけると言うことです。

強力な抗酸化作用によって心臓疾患、動脈硬化、慢性胃炎、胃潰瘍、眼精疲労などの予防に効果が期待できるとされています。

日本ではクランベリーの豊富な栄養素についてはあまり知られていないように思えます。

プロアントシアニジンはポリフェノールの一種で皮膚の色素沈着を改善する効果もあるとされています。

キナ酸は、キナという樹木の皮から発見された成分で、クランベリーの実やコーヒーの種子などに含まれています。

殺菌作用が強く、老廃物の排出を促進するなどの働きがあります。

強い抗酸化作用を持つ脂溶性のビタミンEはホルモンバランスを整える他、血流を促進する効果もあります。

ペクチンには、お腹の調子を整える働きがあります。善玉菌を増やして腸内環境を改善したり、腸内の老廃物と結びつき、便のかさを増やしてぜん動運動を促進することで便秘解消にもつながります。

ハーブティ・クランベリーの美味しい飲み方

大きめのカップにクランベリーと水を入れてレンジで2分チンします。
1分くらいそのままおいてティーカップに茶こしを置いてレンジで温めた物を流しいれます。

小さめの鍋にミネラルウォーターと茶葉を入れて火にかけ沸騰したらクランベリーを加えてよく混ぜて火を止め1分蒸らします。
冷めたらクランベリージュースと炭酸水 レモン果汁を注ぎ軽く混ぜます。

カップ一杯のお湯(150~180ml)につき、大さじ1のドライクランベリーを使います。お湯を注いで10分蒸らせば完成です。

リーフの場合、ティースプーン1~2杯(一人分)のクランベリーの紅茶をティーポットにいれ熱湯を注ぐ。
2~3分蒸らしてホットハーブティーを楽しんで下さい。お好みでハチミツを入れてもOK。

ホットハーブティーと同じ手順で準備する。
氷をグラスいっぱいに入れ、茶こしでこしながら温かい紅茶をグラスに注ぐ。

ハーブティ・クランベリーの口コミ

ねっとりと、ネクターな感じが良いですね。

20%しかグァバ自体は入っていないのですが、入れている他のものとの相性がよいのでしょうかお気に入りです。

膀胱炎予防にクランベリーがいいと聞いたので購入。美味しくて飲みやすいです。

お菓子やパン作りに使えるかなと思いクランベリーを購入。

あまり甘すぎるのは苦手なのですが、程よい甘みと酸味で子供達もとても気に入ってます。

大容量なので使い切れるか心配でしたが、毎朝ヨーグルトに入れて食べるようになったので心配なさそうです。

クランベリーが前立腺肥大症に良いとあったのでクランベリーその物だったら良い結果が出るんじゃないか

オイルコーティングされてますが嫌な味とかはしないし硬くもないので、ヨーグルトや手作りパンにもそのまま使っています。

果実の純粋な甘い臭いでは無い臭いがするので息を止めて飲むようにしている。味は良いと思う。

甘味と酸味のバランスがよく、とても美味しいジュースです。

ヨーグルトに入れて美味しく食べていますが、少し酸味が残ってるともっと美味しいだろうなと思います

膀胱炎になりやすいので、予防のため飲んでいましたがいつも通り膀胱炎にかかりました。

結構酸っぱいので、好き嫌いはあると思いますが、水で薄めると美味しく飲めると思います。

気に入りましたが酸味が強いフルーツとのことでお砂糖がかなり使われています。

私はグラノーラに混ぜて食べましたが、次回は冷凍のフルーツにしようと思います。これさこれで美味しいと思います。

瓶なのでやはり重くなりますが、適度な酸味で良いと思います。ナチュラルかと言われると他と比較する必要あるかと思います。

健康にもいいということで、定期的にクランベリーはかっています。半分は冷凍して保存し、半分は、いつもたべれるように近くにおいています。

ちょうど良い酸味と甘みはそんなにありませんがその為 飽きずにゴクゴク飲めます

そのまま飲んでも美味しいですしお酒で割っても美味しく飲めます

ハーフにもなってない細かいカスみたいな欠片のも、ハーフのも丸のままのもある。砂糖が固まってジャリっとするのもあれば、全くついてないのもあるという雑さ。

ハーブティ・クランベリーの取扱上の注意

クランベリージュースの飲用は安全と考えられていますが、飲みすぎると胃腸障害や下痢を引き起こします。

尿路感染症と思われる患者は、診察してもらい適切な診断と治療を受けるべきです。クランベリー製品は感染症の治療には使われるべきではありません。

クランベリーは、抗凝固剤(ワーファリン等)や肝臓の薬やアスピリンを服用している人は注意して利用すべきだと一部で示唆されています。

特にお子さんについては、クランベリー果汁として摂取した場合のみ、安全性が認められています。

安全であるというデータが不足しているため、妊娠中・授乳中は避けるべきです。かかりつけの産婦人科で相談しながら食べてください。

クランベリーに含まれるビタミンKが抗血液凝固剤の効果を高める可能性があるので、薬との併用は避けるべきです。

ハーブティ・クランベリーのおすすめブレンド

ハイビスカス 美肌効果
エキナセア 感染症予防効果
オレンジピール リラックス作用
ヒース 尿路感染予防効果、美肌効果
シナモン・クローブ・しょうが 風邪

タイトルとURLをコピーしました