ハーブティ・サフランの成分と効果・口コミ

ハーブティ・サフランの成分と効果・口コミ

サフラン(番紅花、咱夫藍、洎夫藍、洎夫蘭)はアヤメ科の多年草およびそのめしべを乾燥させた香辛料です。

イラン原産となってますが諸説あり地中海の島で発掘された壁画によると、青銅器時代から栽培されたと考えられています
サフランは12月7日の誕生花で、花言葉は「至福」です。

サフランの花言葉は「陽気」「喜び」「歓喜」とプラスイメージのもが主流です。

「過度をつつしめ」や「濫用するな」など警告とも受け取れる意味合いの花言葉もあります。

お祝いや喜ばしいことがあったときのプレゼントにぴったりです

園芸分類 球根,草花,ハーブ

形態 多年草 原産地 地中海沿岸

特性・用途 香りがある,落葉性

ハーブティ・サフランの成分

サフランティーは、わたしたちの健康を維持する上でも様々な働きをしてくれます。サフランティーの主な成分としては、以下のようなものが知られています。

・クロシン(色素)
・サフラナール(香りの主成分)
・ピクロクロシン(苦味配糖体)
・クロセチン
・シアニジン
・テルペン
・リコペン
・カロチン
・ビタミンB2

カルチノイド系黄色色素(クロシン)
苦味配糖体(ピクロクロシン)
芳香精油成分(サフラナル)
色素と苦味と香りと油が特徴です

α-カロテン
β-カロテン
γ-カロテンなど

ハーブティ・サフランの効能・効果

サフランティーの主な効能としては、以下のようなものが知られています。

・風邪
・生理不順および生理痛
・産後の腰痛
・冷え症
・腹痛
・健胃
・利尿
・血行不良
・疲労
・更年期障害
・神経症、ストレス、不眠症
・消化不良
・ぜんそくや百日咳などの鎮痛や鎮静
・痛風

生薬としては「番紅花(ばんこうか)」「番紅花(ばんこうか)」と呼ばれ、気分の優れないとき、ヒステリー気味のとき、なかなか寝つかれないとき、頭痛、めまいなどに効き目を発揮する。

サフランは、更年期障害、月経不順、PMS、性機能不全、精神安定、ヒステリー、抗うつ剤、不眠、頭痛、めまい、などに効果があると言われています。

サフランは、血管を広げたり、血液をサラサラにする血行改善効果があります。女性の血管の薬と古くから知られています。体内の老廃物をデトックスする効果などにも優れています。

更年期障害、月経不順、生理痛、ヒステリー、うつ病、不眠、冷え性、動脈硬化などに効果を発揮します。

中枢神経を活性化させ、記憶力増進する働きもあるようです。

サフランは、クロシン、クロセチン、サフラナル、ケンプフェロールなどの、抗酸化物質として機能する植物性化合物を多く含んでいます。抗酸化物質は、人の細胞を酸化ストレスから守ります。

ケンプフェロールはサフランの花弁に含まれる成分です。サフラナルはサフランに独特の味わいや香りを与える素となっています。

サフランの色素配糖体であるクロシンには、フリーラジカル除去活性があるようです。

クロシンとクロセチンはカロテノイド色素とも呼ばれ、サフランの赤色の素になります。

動物実験では海馬組織における抗酸化作用が報告され、酸化ストレスとの関連が深いとされているアルツハイマーの症状軽減の可能性も指摘されています。

サフランには、人の細胞を遊離ラジカルや酸化ストレスから守ってくれる、抗酸化物質作用がある複数の植物化合物が含まれています。

サフランに特徴的な抗酸化物質には、クロシン、クロセチン、サフラナル、ケンプフェロールなどが含まれます。

サフラナルが気分の向上、記憶力や学習能力の改善、脳細胞の酸化ストレスからの保護作用などにつながる可能性もあるようです。

またクロシンという成分には、紫外線による肌の炎症や、メラニンを抑える働きがあります。

実験ではサフランの主要な抗酸化物質であるクロシンが、癌細胞を抗癌剤がより効きやすい状態に変える効果があるとも言われています。これはあくまで実験上です。

サフランは、有害な遊離ラジカルを中和する作用がある、抗酸化物質を多く含んでいます。遊離ラジカルは、癌などを含めた慢性疾患の発症に関連しているらしいです。

サフランとその化合物が、大腸癌細胞を殺したり、癌細胞の成長を阻害する一方で、正常の細胞には影響を与えなかったとされています。

皮膚、骨髄、前立腺、肺、乳房、子宮頸部など、他の部位の癌細胞に対しても効果が見られます。サフランの抗癌作用に関する人を対象とした研究は少なく、今後の追加での研究結果が待たれます。

サフランは高価なハーブですが、血液の代謝、循環、女性の生理体系にたいへんすばらしい効果を発揮します。
強壮剤というわけではないけれど体内に入ることによって、ハーブ・スパイスなどを刺激し、とくに女性の生理系に必要な養分を作り出すことができるといわれています。

サフランには、PMS(月経前症候群)の症状を軽減する効果も見られます。20~45歳までの女性を対象にした実験で、1日30mgのサフラン摂取が頭痛や不安、痛みなどのPMS症状を軽減したという結果がでています。

PMSとは、月経前に起きる身体的、感情的、精神的な症状のことです。研究ではサフランのPMS症状に対する有効性が示唆されています。

20分間サフランの香りを嗅ぐだけでPMS症状である不安症状の軽減や、ストレスホルモンであるコルチゾル値の低下などが見られたようです。

20-45歳の女性を対象にした研究では、毎日30mgのサフランを投与された人において、プラセボを摂取していた群に比べて、イライラ、頭痛、渇望、疼痛などのPMS症状が、より軽減されたと報告されています。

サフランには、催淫剤効果とも呼ばれる、性欲を増進する効果が期待されています。

特に抗うつ剤を摂っている人で、毎日30mgのサフラン摂取が性的機能の改善につながったという結果が出ています。

抗うつ薬摂取に関連した勃起障害を持つ男性を対象にした研究では、毎日30mgのサフランを4週間に渡って摂取したところ、プラセボを摂取していた群に比べて、有意に勃起障害症状の改善が認められたとされています。

サフランの摂取は勃起障害の改善、性欲増進、総合的な満足度の向上につながる一方で、精子の性状には変化を与えなかったとしています。

男性と女性の両方に対して効果を発揮したそうです。

抗うつ薬を摂取することによる性欲減退がみられる女性において、30mgのサフランを4週間に渡って投与したところ、プラセボを摂取していた群に比べて、性交関連疼痛の軽減、性欲の亢進、腟部の潤滑亢進などの効果が認められたらしいです。

サフランはサンシャイン・スパイスとも呼ばれます。サフランの特徴的な色だけではなく、サフランの気持ちを明るくする作用からも来ています。

サフランサプリメントが軽度から中等度のうつ病症状の改善に有効であったようです。1日30mgのサフランを摂取が、フロキセチン、イミプラミン、シタロプラムなどの伝統的なうつ病の治療薬と同様の効果があったようです。

サフランの摂取の方が、これらの薬剤よりも副作用が少なかったとされています。サフランの花弁と糸状の柱頭のいずれも、軽度から中等度のうつ病の症状に対して有効であったとされています。

サフランをうつ病の治療薬として積極的に使用し始める前には、さらなる人を対象とした長期の研究が必要でしょう。

ペルシャでは古くからサフランティーがうつ病を治すために使われてきたそうです。ヒトを対象にした研究でも、サフランの摂取により大うつ病性障害患者の症状の軽減が認められています。

サフランティーは、美しい淡紅色が特徴の健康茶。サフランティーはその色や香りだけでもうっとりしてしまいますが、もちろん飲むことで様々な恩恵を受けられます。

間食の習慣は、望まない体重増加などの原因となる、頻度の高い生活習慣です。食欲を抑制することで、間食を減らす効果があるとみられています。

女性を対象として8週間にわたりサフランを投与したところ、サフランを摂取していなかった群に比べて、満腹感をより感じやすくなり、間食の頻度が減少し、有意な体重減少が見られたという研究もあります

サフランの抽出液サプリメントの摂取が、有意に食欲を低下させ、BMI(ボディ・マス・インデックス)、腹囲、体脂肪量などの減少につながった研究もあります

サフラン摂取による気分の高揚感が、間食に対する欲求を減らすのではないかとも言われていますが、確定的ではありません。

サフランには、他の健康への効能も期待されていますが、まだ研究データが十分ではありません。

動物を対象とした研究や、試験管内の実験では、サフランが抗酸化物質が血中のコレステロールを低下させたり、血管や動脈の閉塞を防ぐ可能性を報告しています。

サフランには、加齢黄斑変性症を持つ患者さんの視力改善効果、加齢性黄斑変性の原因となる遊離ラジカルによる障害を抑制する効果が期待されています。

糖尿病のマウスを対象とした研究や、試験管内の実験では、サフランの血糖低下効果や、体内のインスリン量増加効果などが報告されています。

アレキサンダー王は、戦いの傷を癒すためにサフラン風呂に浸かっていたと言われています。戦いの傷とは、擦り傷や切り傷だけではなく、心の傷も癒していたのでしょう

クレオパトラは、求婚者と会う前に、サフランと馬乳のミルク風呂に入り、サフランで作った化粧水サフランオイルを使用していたと言われています。サフランオイルは、ニキビ、クマ、しわ、クスミなどの改善に役立ちます。

手作りサフランオイルは、肌質の改善、アンチエイジングだけではなく、抜け毛の予防などにも役立ちます。

自宅でも簡単に、美容用サフランオイルは作れるので試してみてください。

魅惑的な香りとほろ苦いような独特の風味を持つサフランは、旧約聖書の中では「芳香を放つハーブ」として記され、 古代ギリシャやローマでは香水として重宝されました。

サフランは、色と香りの2つの働きをする香辛料です。 1gのサフランを得るのに約300個もの花が必要で、
現在でも最も高価なハーブであり、スパイスでもあります。

サフランの栽培はイランとインドのカシミール地方で世界で最初に行われたといわれます。スペインはイスラム教徒によって征服され、紀元後961年頃イスラム人によってサフランが持ち込まれたそうです。

日本には、江戸時代末期にオランダ船によりもたらされました。

中国へは、イランからサフランの球根を持ち去ったモンゴル人が、中国に侵略した際に持ち込んだものと考えられています。

インドの伝統医学アーユルヴェーダでは、天然由来の美容液として、サフランを主成分とした「クムクマディオイル」(クムクマディタイラ)が有名で、多くの女性に支持されています。

アーユルヴェーダでは、生理痛、生理不順、更年期障害、インポテンツ、肝臓肥大、ヒステリー、うつ病、リューマチ、咳、慢性的下痢などによいということで、たいへん高い評価があたえられています。

実は、サフランは、婦人病の妙薬として、古代エジプトのパピルスに記述されているそうです。
また、中国医学やインド伝統医学アーユルヴェーダなどでも、大昔から利用されてきました。

アーユルヴェーダでは、サフランはサトヴィック、真実のハーブであり、「愛」、「献身」、「慈悲」のエナジーを与える、と言われています。

サフランは香辛料、染料、生薬、香料など幅広く利用されている植物です。中でもその独特で上品な香りから、香辛料としての価値が高く、スペインのパエリアや南仏でのブイヤベースなどで用いられています。

ハーブティ・サフランの美味しい飲み方

熱湯が入ったティーカップにサフラン10-15本を入れて5分くらい待つ。

スプーン1杯分のはちみつまたは砂糖を入れて軽くかき混ぜれば出来上がり。

ティーカップ150mlにサフランを10本いれ、お湯を注ぎます。数分蒸らして鮮やかな黄色になったら飲み頃です。

サフラン7本 カルダモン 3ケ シナモン1本0.5cmぐらい 砂糖お好みで

ティーカップにサフランを数本入れ、熱湯を注いで色が出れば飲み頃です。サフラン独特の魅惑的な香りがあり、ほろ苦い風味が楽しめます。滑らかで、心安まる飲み心地です。

カルダモンは割っておきます

サフランティーを美味しく飲む方法としてシングルでそのまま飲むのも手ですが、原産国であるイランなどでは甘いものをたっぷり入れて飲むのが主流だそうです。

お好みでティースプーン1杯の蜂蜜や砂糖を加えると美味しいです。

ハーブティ・サフランの口コミ

血行促進や女性特有の悩みに効果があると聞き飲んでます。

これのみだと香りが好みでなかったので他のハーブとブレンドしました。

カモミール、ローズヒップ、ハイビスカス、リコリスなどと合わせてます。

夏場は冷房で冷えが辛いのですが、サフラワー効果か快適に過ごせてます。

サフランはお酒を飲んだときの記憶障害を減らす効果があるとのことだったので購入し、もっぱら飲み会の前にサフランティーとして服用しています。

お酒が好きでほぼ毎日飲んでいます。飲むと何を言ったか全く覚えてなくて悩んでいたらサフランティーが良いことを知り試しに購入してみました。

サフランティーを飲み始めてから少し効果があるような。続けてみようかと思います。

サフランティーのおかげで家にどうやって帰ったかを何とかトレースできる程度には記憶が残るようになりました。

主人が乾癬になってしまい、いろいろ探しているうちにサフランティーにたどり着きました。乾癬だけではなく身体によさそうなので家族でで飲用します。

ハーブティ・サフランの取扱上の注意

大量摂取は危険と言われており、5グラム以上摂取すると重篤な副作用が出るかもしれません。

オリーブ属、オカヒジキ属、ドクムギ属の植物に過敏症がある人はアレルギー症状に注意してください

サフランは、基本的にほとんど副作用などの報告もなく、安全に摂取できると言われています。

調理に使用する量であれば、サフランの使用は人に対して副作用を起こすことはないでしょう。

妊娠中の女性では高用量のサフランの使用は流産の原因になる可能性があるので、避けた方が良いでしょう。

サフランを購入するときには、信頼のおけるブランドの製品で、本物のサフランを使用した製品であることを確認した上で、購入することが大切です。

香辛料としてだけでなく、ハーブティーもいいでしょう。ただし副作用として、のぼせやほてり、不眠等になる可能性があるので過剰な摂取は控えましょう。

ハーブティ・サフランのおすすめブレンド

シングルで飲みづらいと思った方は、カモミールやレモンバームとブレンドすると飲みやすくなります。
カモミール リラックス効果、アンチエイジング効果、整腸作用
レモンバーム こ抗ウイルス作用、整腸作用、抗うつ作用、デトックス効果。
マロウブルー 去痰(きょたん)作用、風邪の引きはじめの諸症状改善。
サフラン、カモミール、マロウ、ミニカレンデュラ。そこへレモンバームでお味の深みが出ます。女性におすすめ

タイトルとURLをコピーしました